人間関係のストレス

気が利かないのは悪いことではない!? 余計な罪悪感は手放そう。

気が利かないのは悪いことではない!? 余計な罪悪感は手放そう。
まあや
まあや
こんにちは!隠れストレス撃退ママの、まあや(@maayaan01)です。
ストレスだらけの人生を送ってきましたが、ちょっとした考え方のコツを身につけたおかげで、ストレスを減らしたり予防したりできるようになりました。詳しくはこちら

 
 

ナツミ
ナツミ
会社のE先輩、上司からいつも「気が利くね!」って褒められてるのよね。
それに比べて私は気が利かなくてダメダメだわ〜。
まあや
まあや
うんうん、私も昔はそう思ってたからよくわかるわ〜。
でも、気が利かないのは悪いことじゃないから、自分を責めることはないわよ。
ナツミ
ナツミ
え〜!どうやって“悪いことじゃない”って思えばいいの〜!?
まあや
まあや
それじゃあ今回は、気が利かないのは悪いことではない理由を知って、余計な罪悪感を抱かないようにする方法を、詳しく説明するね。

気が利かない自分に罪悪感を感じるのはなぜ?

日本人は空気を読むことを美徳とする。

「気が利く」というのはどういうことでしょうか?

それは、人の考えていることを察して手助けをすることです。

いわゆる、「空気を読む」スキルですね。

日本人は、この「空気を読む」ことを美徳とする風潮があります。

まあや
まあや
つまり、一般的に「気が利く人=優れている」と認識する人が多いということですね。

ネガティブ思考の人は自己否定をする。

気が利く人は、優れていると思われることが多いため、とかく褒められます。

その際、ネガティブ思考の人は、

「◯◯さんに比べて、私はなんて気が利かない人間なんだろう…」

「私って何の役にも立たないな…」

といった風に、自己否定をしてしまいます。

まあや
まあや
他人に対する褒め言葉が、“マイナス言葉”になってしまうってことね。
ナツミ
ナツミ
それで無駄に罪悪感を感じていたわけね!

 
↓マイナス言葉については、こちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい
親のマイナス言葉が自己暗示になってない?負のレッテルは捨て去ろう!
親のマイナス言葉が自己暗示になってない?負のレッテルは捨て去ろう!親から貼られた負のレッテルにとらわれてはいませんか? この記事では、親のマイナス言葉で植えつけられた負のレッテルの捨て方をお伝えします。...

 

気が利く人には、良いタイプの人と迷惑なタイプの人がいる。

気が利く人は、一般的に良いイメージを持たれますが、実は、相手にとって迷惑な気の利かせ方をする人もいます。

良いタイプ(他人軸視点)

良いタイプの人は、人が困っているのを察して手助けをします。

具合の悪そうな人に席を譲る
車椅子の人がエレベーターに乗るときにドアを抑える
探し物をしている人を手伝う

といったふうに、明らかに困っている人を手助けしたり、

「何か手伝いましょうか?」

と、声をかけたりします。

迷惑なタイプ(自分軸視点)

迷惑なタイプの人は、“こうされたら嬉しいだろう”と察して手助けします。

何が問題かというと、相手の意向を確認せず、自分の価値観で手助けをしてしまうことです。

典型的な例としては、飲み会で飲み物を注いでまわったり大皿料理を取り分けたりする人ですね。

まあや
まあや
私は偏食だから、自分の食べられるものを選んで取りたいんだけど、勝手に取り分けられると、食べられないものも問答無用で入れられるから困るのよね…。
ナツミ
ナツミ
あー、私も、飲み物そんなにたくさん飲めないのに、減ってきたら勝手に注ぎ足されて困ることよくあるわ〜。

 
うちの母親もそうですが、過干渉系毒親がまさにこのタイプで、子供が本来やるべきことを、先回りしてやってしまいます。

本人は気を利かせてやっているつもりなので、子供が迷惑がっていることにも気づきません。

 

気が利かないのは悪いことではない。

気が利かない理由

まわりに目がいかない

気が利かない最大の理由は、まわりに目がいかないからです。

これは、経験が大きく関わってくる部分です。

親に教育されてきた人やサービス業の人などは、まわりに目がいく能力が経験によって身についているのです。

つまり、まわりに目がいかないのは、慣れていないからできないだけ、ということですね。

方法がわからない

困ってる人に気付いたとしても、どうやって助けたら良いのかわからなくて何もできない場合もあります。

これもやはり、経験や知識がないとできないことです。

コミュニケーションが苦手

大勢の前で発言するのが苦手だったり、知らない人に話しかけるのが苦手だったりするために、自発的に動けない人もいます。

これは個人の特性に関わる部分なので、簡単に変えられるものではありません。

まあや
まあや
気が利くか効かないかは、個人の特性や経験の違いであって、良いも悪いもないのよ。
ナツミ
ナツミ
なるほど!そう考えると罪悪感を感じなくて済むわ。

気が利きすぎると隠れストレスになる。

気が利く人は、他人を優先して自分を後回しにします。

他人に気を使うということは、無意識のうちにストレスになります。

いつも他人に気を使ってばかりいると、自分でも気づかないうちに隠れストレスをためる原因となってしまいます。

ナツミ
ナツミ
気が利きすぎるのも考えものね。
まあや
まあや
人のために頑張りすぎて精神疾患にならないよう、自分を大切にすることも忘れないで欲しいわよね。

 

まとめ

今回は、気が利かないのは悪いことではない理由を知って、余計な罪悪感を抱かないようにする方法をお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

気が利くか効かないかは、個人の特性や経験の違いであって、良いも悪いもないということがわかりましたね。

気が利かないのは悪いことではないので、余計な罪悪感は捨てて、ストレスを解消しましょう!


まあやからのお願い!

ブログランキングに参加しています。 クリックして応援していただけると励みになります!

にほんブログ村 健康ブログ ストレス解消法へ


↓この記事を読んだあなたにオススメの記事ジャンルはこちら!
おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です