[NMS]人間関係のストレス

人の気持ちがわからないと言われた人が意識すべき3つのポイント。

人の気持ちがわからないと言われた人が意識すべき3つのポイント。
まあや
まあや
こんにちは!ストレス解消研究家のまあや(@maayaan01)です。
このブログでは、ストレスだらけの人生を克服した私の経験をもとに、さまざまなストレス解消法をお伝えしています。詳しくはこちら

 
 

ナツミ
ナツミ
あー、人の気持ちがわからない・・・
まあや
まあや
あら、ナツミちゃん、何があったの?
ナツミ
ナツミ
うん、あのね、Aさんが流しそうめんを食べにいって楽しかったって話をしてたんだけど、「流しそうめんって、見ず知らずの人が口つけた箸を水に入れるから汚いわよ」って言ったら、Aさんに「ナツミさんってホント人の気持ちがわからない人よね!」って怒られちゃって・・・
まあや
まあや
うーん、それは怒られてもしょうがないかもね。Aさんは楽しんできたのに、汚いって言われちゃあ・・・
ナツミ
ナツミ
えー、でも、汚いから教えてあげなきゃって思ったんだけど・・・
まあや
まあや
流しそうめんが汚いっていうのはナツミちゃんの価値観であって、絶対的に正しい答えではないのよ。気にしてない人からしたら「余計なお世話」でしかないわよ。
ナツミ
ナツミ
そうなんだ・・・
まあや
まあや
でも、人の気持ちがわからないっていうのは当たり前のことだから、自分を責める必要はないわよ。そんなことしてたら隠れストレスをためるだけだからね。

大事なのは、人の気持ちがわからないということをわきまえた上で、どうやったら人の気持ちを傷つけずに話せるかを学ぶ意識を持つことよ。

ナツミ
ナツミ
わあ、学びたい〜!! でもどうやって学べばいいの!?
まあや
まあや
それじゃあ今回は、人の気持ちを傷つけずに話すために必要なことを、詳しくお伝えするね。

 

人の気持ちがわからないのは当たり前!?

「人の気持ちがわからないと言われる人」とは逆に、「人の気持ちがわからないと言われない人」は、人の気持ちがわかる人なのでしょうか?

答えは「No」です。

人の気持ちがわかる人なんて、この世に存在しないのです。

なぜなら、本当の気持ちというのは、本人にしかわからないからです。

まあや
まあや
ニコニコしてるからといって、心の中までニコニコしてるとは限らないよね。
ナツミ
ナツミ
人の心は見た目でわからないから難しいわ!

 
じゃあ、人の気持ちがわからないのに、なんで人の気持ちがわからないと言われずにすんでいるのかというと、人の気持ちを傷つけずに話す方法を身につけているだけなのです。

それは、生まれつき備わった能力ではなく、人付き合いの経験を通して自然と学んでいくものです。

まあや
まあや
私も学生の頃や社会人になりたての頃はいろいろ失敗を経験しました・・・

しかし、それを自然に学ぶことが苦手な人も、中にはいるんですよね。そういう人が、人の気持ちがわからないと言われてしまう人なのです。

私の母がまさにそんな感じだったので、母を反面教師として自分なりに学んだことをまとめていきたいと思います。

 

人の気持ちがわからないと言われる人の話し方

①事実や思ったことをそのまま言う。

私たちは子どもの頃から、「嘘をついてはいけない」「隠し事はよくない」と教育されてきましたが、それが必ずしもすべての場合に当てはまるとは限らないということを、経験を通して自然と学んでいきます。

いわゆる、「空気を読む」というスキルです。

しかし、そのスキルを身に付けられなかった人は、正直に言うことが良いことだと信じているので、事実や思ったことをそのまま言ってしまって、相手を怒らせてしまいます。

まあや
まあや
うちの母は、「ホントのこと言って何が悪いの!?」と逆ギレして、よく父とケンカしてました・・・

②自分の立場や価値観だけで話す。

自分の立場や価値観が絶対だと信じている人は、違う考え方の人がいるということを想像できません。

そのため、自分の価値観に合わないものについて平気で悪口を言ってしまい、相手を傷付けてしまいます。

まあや
まあや
母に私の好きなアーティストの悪口を言われた時は辛かったです・・・

③間違いを正そうとする。

論理的思考の強い人は、正論を持ち出して、人の間違いを指摘してしまいます。

ですが、状況によっては必ずしも正論が正しいとは限らないので、相手をイラつかせてしまいます。

まあや
まあや
プロフィール第5話でもお話ししましたが、母は相手が自分の思い通りになるまでずっと説得し続けるんですよね・・・

 

人の気持ちがわからないと言われた人が意識すべき3つのポイント

①自分が絶対正しいという意識を捨てよう。

自分が絶対正しいと思い込んでいると、相手の気持ちを考えるという発想がわきません。

「ホントのこと言って何が悪いの!?」と逆ギレしたり、嫌がっている人にいつまでも自分の価値観を押し付けたりしてしまうのは、そこが一番の原因なんですね。

ナツミ
ナツミ
自分が絶対に正しいという意識を捨てることが、相手の気持ちを考える第一歩ってことね!

②いろいろな立場の人がいるということを意識しよう。

人の立場や環境によって、それぞれ決まったルール、セオリー、慣習などがあります。

もちろん、自分と違う立場の人のことはわからないので、わからないということ自体は悪いことではありません。

しかし、いろいろな立場の人がいるということを意識していなければ、自分の立場だけで発言してしまって相手を傷つけてしまうことになります。

たとえば、東京ではエスカレーターは左側に立つという慣習がありますが、右側に立っている人がいた時に、「左に寄れ!」「邪魔だ、どけ!」と暴言を吐く人がいます。

あれは、いろいろな立場の人がいるということを意識していないから起こる問題なんですね。

しかし、いろいろな立場の人がいるということを意識していれば、「右側に立っているのは何か理由があるんだろう」と考えることができますし、インターネットでその理由を検索することもできます。

まあや
まあや
私の娘のお友達にも、左半身に麻痺のある子がいるんだけど、そういう子は左の手すりにつかまるのは難しいよね。
ナツミ
ナツミ
なるほど! あと、私みたいに地方に住んでる人も、知らずに右側に立っちゃいそうね!

③人によって価値観が違うということを意識しよう。

人はそれぞれ、自分の価値観を持っています。

その価値観というのは、長い年月をかけて作られたものであり、簡単には変えることができません。

なので、人に価値観を変えることを強要すると、強い反発が起きてトラブルになってしまいます。

もし、人に違う価値観を教えたいと思った場合は、“強要”ではなく“提案”する程度にとどめておきましょう。

たとえば、炭水化物抜きダイエットをやっているBちゃんに、「炭水化物ダイエットなんか効果ないから、レコーディングダイエットをやりなよ!」と言ってしまうと、炭水化物抜きダイエットが効果があると思ってダイエットをしているBちゃんにとっては、“強要”になってしまいます。

なので、「Bちゃんは炭水化物ダイエットやってるんだね。ダイエットっていろんな方法があるから迷っちゃうよね〜。私は3年前にレコーディングダイエットっていうのをやってみたんだけど、あれも結構効果あったよ。」と言えば、単なるひとつのダイエットの経験談として話すことができます。

ナツミ
ナツミ
人の価値観を否定しないことが大切なのね!

 

人の考え方や価値観を学ぶ方法

①聞き上手になる。

人の気持ちがわからないと言われる人は、人の話にすぐ口を挟んでしまいがちです。

まずは、人の話をじっくり聞くことを意識しましょう。

話をじっくり聞けば、話の端々に相手の考え方や価値観が見えてきます。

まあや
まあや
相手の話が終わった時に、相手の話を復唱すると、簡単に共感を示すことができるのでオススメだよ!
ナツミ
ナツミ
復唱??
まあや
まあや
相手が「電車が遅延して大変だったわ〜」と言ったら、「え!電車が遅延したの!?それは大変だったね!」って言うとか。
ナツミ
ナツミ
なるほど!それなら私にもすぐ真似できそう!

②心理描写の多いマンガやドラマを見る。

人の気持ちは、言葉だけでなく表情にも現れるものです。

マンガやドラマは表情が見えるので、小説よりもわかりやすいです。

まあや
まあや
内容としては、アクションやコメディじゃなくて、人間関係や心理描写を丁寧に描いた作品を見ると勉強になるよ。
ナツミ
ナツミ
「ヒューマンドラマ」で検索してみるわ!

③いろいろな立場の人のtwitterを見る。

twitterには様々な立場の人がいるので、いろいろな立場の人のセオリーや考え方などを手っ取り早く知ることができます。

そして、twitterの大きな特徴は、「本音(素の感情)」が吐き出されているところです。

「こんなこと言われて嫌だった」「こんなこと言われて悲しかった」といったつぶやきを見ると、「こういうことを言うと人を傷つけるんだな」と学ぶことができます。

まあや
まあや
自分の知り合いだけだといろんな立場の人と付き合うのは限界があるから、twitterを見るとすごく視野が広がるよ!
ナツミ
ナツミ
twitterは私もやってるけど、自分の趣味関係のアカウントしか見たことなかったわ。もっといろんな立場の人のアカウントを見てみるね!

 

まとめ

今回は、人の気持ちを傷つけずに話すために必要なことをお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

大切なのは、「自分が絶対正しいという意識を捨てる」こと、「いろいろな立場の人がいるということを意識する」こと、「人によって価値観が違うということを意識する」ことです。

人の気持ちがわからないからといって自分を責めていると、隠れストレスに繋がってしまいますので、今回ご紹介した方法で人の考え方や価値観を学び、ストレス解消を目指しましょう♪


マーケティングとシステム化を学べるメルマガを無料配信中


私は、4つの会社を経営する起業家の師匠からマーケティングとシステム化を学び、その知識をインターネットに活用してビジネスをしています。


→まあやがブラック会社を辞めてインターネットで起業するまでの物語とブログの理念はこちら。


ブログに書けない話は、無料メルマガで配信中。

「マーケティング」「システム化」「ブラックな働き方からの脱却」などについて、ブログよりもさらに深い情報を発信しています。

→メルマガはこちらから登録できます。




POSTED COMMENT

  1. あこ より:

    こんにちは。
    私も人を知らずに傷付けていることがあると思います…。「強要するのではなく、提案する」ということは、なるほどと思いました。
    身近な人であればあるほど、強要するような口調になってしまいがちだと思います。それでも嘘をつかれるのは嫌なので、嘘をつかずに、また、相手に良く思われようと変に取り入ることなく、傷付けずに…。難しいかも知れませんが、そう対応出来たらとても良いなと思いました。

    • まあや より:

      >あこさん

      身近な人だと、遠慮がないのでつい強く言ってしまいがちですよね💦
      難しいですが、いくら親しい中でも他人ですから、自分と他人とをしっかり区別することが大事ですね。

  2. しらかば より:

    「人の気持ちがわからないと言われた人が意識すべき3つのポイント」
    とても参考になりました。
    自分が正しいと思い込みがちなことや、相手のことを思いやっているつもりでも、実は勘違いで相手を怒らせてしまうことも良くありますよね。
    私も”自己中”と人に言われたりしますが「えええ?私が自己中?!」っと、マジでびっくりします。ほんと、自分ではわからないのです。
    書かれていることを参考にして、めげずに頑張ってみます!

    相手から注意されても「そんなこと言ったって」と、反発してしまいますが、このように文章で書かれていると、素直に受け止められます。(笑)

    • まあや より:

      >しらかばさん

      面と向かって言われるとつい反発してしまいがちですが、活字で書かれていると客観的に受け止めやすいですよね😅
      ぜひ記事を参考にしていただけると嬉しいです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です