[旧]そうだ、上京しよう。

【上京物語・序章】何もない田舎、過干渉な毒親…。こうして私は上京を決意した。

《お知らせ》

こちらの記事は、旧ブログ『そうだ、上京しよう。』の記事です。

新ブログ『NO MORE ストレス!』の立ち上げの際に一旦削除したのですが、評判が良かったため、旧ブログ記事として復活させました。上京したい方の参考になれば幸いです。

『そうだ、上京しよう。』のトップページ(記事一覧)はこちら

 
初めまして、真綾(まあや)です。

元・グラフィックデザイナーで、現在は主婦です。
東京育ちの夫と小学生の娘と、3人で東京で暮らしています。
 
 
私は東京から遠く離れた“四国”で生まれ育ちました。

21世紀になって早20年近くも経つというのに、いまだに新幹線も通してもらえない、あの!四国です。
(ちなみに、新幹線は通ってないけど、アンパンマン列車は通ってますw)
 
 
四国って、ほんっっっとに田舎なんですよ…。
だって、大きな都市がひとつもないんですよ!

大きなライブやイベントはみんな大都市でしかやらないので、いつも広島、大阪、東京あたりへ遠征していましたねー。
交通費と宿泊費で何人の諭吉さんが飛んでいったことか。。。(遠い目)

台風で船が欠航して帰れなくなったこともありましたねー(-o-;)
とにかく“離島(笑)”ですから、交通手段が天候に左右されるわけです。

ヲタクだった私にはマジで辛い環境でした。。。
 
 
子供の頃から東京の人がうらやましくてしかたなかった。
なんで私は東京で生まれなかったんだ!と、自分の運命を呪ったものです。

そんなわけで、上京したい欲はめちゃめちゃ強かったんですが、なんで30歳まで上京しなかったの?って思いますよね??
 
 
私の上京を長年阻んできたものは、、、“親”なんです!
 
 
今でこそ、ドラマのネタにもなるくらい“毒親”という言葉が認知されるようになってきましたが、私が子供の頃はそんな言葉はなかったですから、“親の育て方が間違っている”という概念がなかったんですね。

なので、“親の言うことには従わなければならない”と思って生きてました。
完全に親に自分の意思をコントロールされていたんです。

これってもう、一種の“洗脳”ですよね。。。
昔は宗教に洗脳される人の気持ちがわからなかったですが、今なら分かる気がします(^_^;)
 
 
で、どんな風に“上京しないように”コントロールされていたかというと、

①男は県外に出て、女は地元にいるのが一番いいのよ、という超男尊女卑な価値観を子供の頃から言い聞かせられていた。
(実際、私は地元の大学、弟は県外の大学へ行きました)

②県外の会社の入社試験を受けてみたいと言ったら、「親不孝者」と言われた。
(県外に行く=親を捨てる=親不孝者という図式)

③「真綾は料理できないから一人暮らしは絶対ムリよ」と言われ続けていた。
(弟も全く料理できなかったんですが、、、)

と、こんな感じで育ってきたので、
「私に上京なんてムリだ…」って完全に諦めモードになってましたね。

恐るべし、洗脳教育。。。
 
 
次章からは、“田舎”と“毒親(機能不全家族)”をキーワードに、私が上京するまでのストーリーを詳しく語っていきたいと思います。
 
↓続きはこちら

あわせて読みたい
【上京物語・第1話】五右衛門風呂に有線電話…超絶ド田舎で生まれる。私が生まれたところは、四国の中でもかなりの僻地で、生まれてから結婚するまで都会で暮らしていた母は、壮絶なカルチャーショックを受けました。...

 
↓『そうだ、上京しよう。』のトップページ(記事一覧)はこちらからどうぞ!

あわせて読みたい
『そうだ、上京しよう。』目次
『そうだ、上京しよう。』目次(はじめに読んでね!)『そうだ、上京しよう。』は、私が以前書いていたブログで、現在のブログ『NO MORE ストレス!』の立ち上げの際に一旦削除したのですが、評判が良かったため、旧ブログ記事として復活させました。全17記事と少ないですが、上京したい方の参考になれば幸いです。...
まあやのストレス黒歴史
ナツミ
ナツミ
まあやちゃんが過去に抱えていたストレスがどんな感じだったのか気になるわ〜
まあや
まあや
私のストレス黒歴史はプロフィールにストーリー形式でまとめてるから読んでみて!
カオリ
カオリ
黒歴史? フフ…他人の不幸は蜜の味…
ナツミ
ナツミ
あれ?なんか一瞬カオリちゃんが黒く見えたような…
カオリ
カオリ
ん?気のせい気のせい
まあや
まあや
そんな私のストレス黒歴史が気になるあなたは、こちらをクリック!

↓↓↓

プロフィール誘導バナー

POSTED COMMENT

  1. える より:

    こんにちわ。1年前の記事ですがコメントさせて下さい。
    すっっっごく共感してしまいコメントせずにはいられませんでした… うちも同じパターンです。そして中国地方なので近いです。 自分もずっと女の子は地元にいた方がいい、と言われて育ちました(弟は転勤で上京しています) 自分も音楽関係かデザインの仕事がずっとしたいのに、自分も希望する進学先に入れて貰えず、就職してもやりたい仕事と違うという葛藤に苦しみ転々としてしまっています。地方にはデザインの仕事があっても経験者、音楽関係の仕事は日雇いのコンサートスタッフしかありません。30歳です。ずっとずっとやりたくない仕事を地元でやり、この年齢になると残っている人でタイプの人もあまりいない為結婚もしてません。友達もほとんど結婚していき、人生このままずっと親の言う事を守って地元にいる意味があるのだろうか…と鬱っぽくなってきてきるところです。どちらの業界も未経験ですし年齢のこともあるので悩んでいるところですが、上京してみていかがでしょうか?、 このまま良い歳してずっと親の言いつけを守って生きてるとどうしても全部親のせいにしてしまいそうです。。でも東京に知り合いもいない為どうしていいものかと悩んでおります。よかったらコメントいただけたら嬉しいです。

    • 真綾 より:

      えるさん、初めまして。
      コメントありがとうございます!

      実は先日、他にも似た境遇の方からメッセージをもらったところだったので、世の中にはこんなにうちの親と似たタイプの毒親がいるんだ!とびっくりしているところです!(*_*)

      「女の子は地元」っていう価値観、時代錯誤もはなはだしいと思います!
      女に生まれただけで男きょうだいと扱いが違うなんて、もう生まれを呪うしかないですよ。。。

      行きたい学校に行かせてもらえず、やりたい仕事にも就けずだと、一体何のために生きているのかわからなくなってしまいますよね。

      普通に生きれば、まだ50年も人生は残っています。そう考えると、30歳で遅いということはないですよ!

      私の勤めた会社は残業も多くて体力的にはキツかったですが、自分のやりたいことだったし、なんでも自分の意思で行動できたので、実家にいる時よりも精神的にははるかにラクでした。

      今は結婚して子育てしながら、起業の勉強をしているところです。
      この起業の勉強も、実家にいたら絶対親にダメって言われてできなかったと思うので、自分のやりたいことができるって本当に幸せなことだと実感する日々を送っています。

      東京は、びっくりするほど地方出身の人が多いです。
      知り合いがいなくても、地方から出てきたという仲間意識で気軽に仲良くなれますよ!

      ぜひ、親のためではなく、えるさん自身のための人生を生きて欲しいなと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です