ストーリー

夢だったデザインの仕事を辞めた理由。〜私のブラック企業退職経験談〜

私のブラック企業退職経験談 会社を辞める勇気

こんにちは、まあやです。

 
私は以前、都内のデザイン会社でグラフィックデザイナーとして働いていましたが、4年8ヶ月で退職しました。

現在は、子育てをしながら、インターネットビジネスで収入を得ています。

 
上京までして就職した憧れのデザイン会社を、なぜ辞めるに至ったのか。

そのいきさつと、現在の働き方について、ストーリー形式で書いてみたいと思います。

 
夢だった仕事に就いたのに辞めたいと思っている方、ブラック企業を辞めたいと思っている方の参考になれば嬉しいです。

 

私がデザインに興味を持ったきっかけ。

私は子供の頃から「ものづくり」が好きでしたが、絵を描くのは得意ではありませんでした。

 
デザイナーというと「絵が得意」というイメージを持たれがちなのですが、実際のところ、「絵を描く技術」と「デザインをする技術」は別のものなんですよね。

「絵を描く技術」と「漫画を描く技術」が別物であるのと同じようなものです。

 
写生大会とかホントに嫌いで・・・

上手な子の絵を横目で見ながら、

「なんで立体物を平面に表現できるの!?」

と、いつも疑問に思っていました。
(というか、今でも思っています。)

 
でも、小学校の図工の授業で、いつもとはちょっと違う絵を描く機会があったんですよね。

どういうものかというと、図柄をひとつ選んで、それを画用紙にバランスよく配置してパターン画を作るというものでした。

つまり、「デザイン」です。

 
そこにはデッサン力はまったく必要なくって。

必要なのは、バランス感覚と配色センスだけでした。

 
普段、絵ではまったく褒められたことのなかった私でしたが、

その時だけは唯一、先生からもお友達からも「すごい上手!」「キレイ!」って褒められて、すごく嬉しかったのを覚えています。

 
ただ、その時はデザインのことがよくわかってなかったので、「なんで今回だけ褒められたんだろう?」と不思議に思っていました。

 
 
それきりデザインのことは忘れていたのですが、再びデザインのことを意識する機会が訪れました。

高校受験の時のことです。

 
志望校を決めるために県内の高校のリストを見ていた私は、「デザイン科」という学科があることに気づきました。

「デザイン科なんてあるんだ。面白そう!!」

 
勉強嫌いだった私は、正直、「高校なんて行きたくないな・・・」と思っていたんですが、

ここなら楽しく通えそうと思って、親に「デザイン科に行きたい」と言いました。

 
でも、親は猛反対。

 
普通の高校に行って、
普通の大学に行って、
普通の会社に就職して、
普通に結婚して、
普通に子供を産んで、
普通に専業主婦として生きる。

というのが「幸せな娘の未来」だった親にとって、デザイン科なんてのは論外でした。

 
自分の価値観が絶対だと思い込んでいる親を説得することは至難の技で・・・

結局、私は親の決めた高校と大学に通いました。

 

立ちはだかる「田舎」の壁。

でも、目的もなく行った大学に来る求人なんて興味も持てなくて。

私の社会人生活はいきなり無職からのスタートになってしまいました。

 
「やっぱりデザインやってみたいな・・・」

と未練を抱えていた私は、ハローワークに行ってデザイナーの求人を検索してみました。

 
でも、田舎にデザインの求人なんてものはほとんどなくて。

やっと見つけた!と思っても、

「デザイン・美術系の学校卒業者、または経験3年以上」

というのが、どこの会社も応募の絶対条件。

 
「デザイン科に行かせてもらえてたら応募できたのに・・・」

 
私は求人票を見ながらため息ばかりついていました。

 
 
そんな日々を送っていたとき、上京した友人から、デザイン会社で働いているという近況報告が届きました。

「どうやって就職したの?」と友人に聞いてみたら、「デザインスクールに通って、PhotoshopとIllustratorの勉強をしたのよー」とのこと。

 
田舎にデザインスクールなんてものはなかったので、私は本屋さんでPhotoshopとIllustratorの本を買ってきて、自宅のMacで独学で勉強しました。

そのおかげで、飲食店やホテルなどで、ちょっとしたデザインの仕事はできるようになりました。

 
 
ただ、田舎という壁は大きくて・・・「デザイン会社」というものがほとんどないんですよね。

だから、いくら転職しても、アマチュアレベルの仕事しかできなかったんです。

 
「やっぱりデザインやるなら東京に行くしかない!」

 
と思った私は、東京の友人たちに一週間ほど泊まらせてもらって、デザイン会社の面接を3〜4社ほど受けました。

 
「ダメかもしれないけど、やるだけやってみよう!」

 
と、玉砕覚悟で面接に臨み、なんとか無事に1社だけ採用していただくことができました。

 
 
こうして私は、夢だったデザイン会社に就職することができました。

 

憧れのデザイン会社へ就職。定時は23時。

初出社の日。

ドキドキしながら、ビルのエレベーターに乗りました。

 
「おはようございます。今日から働かせていただくことになりました、まあやです。よろしくお願いします!」

と、エレベーターを降りてあいさつした私は、目の前の床に何か転がっているのに気づきました。

 
(ええー! 誰か寝てるー!?)

 
転がっていたのはなんと、寝袋に包まった男性社員。

 
ぎょっとした表情で見ていた私に、

「あー、Mさん、ここ3日くらい泊まりなんですよー。びっくりさせてすみません。」

と言って、若い男性社員が声をかけてきました。

 
「Tさんチームって徹夜多いんですよねー。あ、まあやさんは社長チームなので、そこまで徹夜多くないですからね。僕、社長チームのSです。よろしくお願いします。」

「あ、よろしくお願いします。」

 
社員10人以下の小さな会社でしたが、どうやら2つのチームに分かれて仕事をしているようでした。

私を含めて4人が新しく採用され、女子2人は社長チーム、男子2人はTさんチームに配属になりました。

 
私が最初に担当した仕事は、某銀行の会社案内で、私と入れ替わりで辞める人が担当していた仕事の引き継ぎでした。

Sさん「今日は20冊製本なので、チーム総出でやりましょう」

まあや「製本??」

Sさん「ただプリントしただけだと、お客さんが実際のイメージがつかめないので、まわりを切り落としてスプレー糊で貼り合わせて、本の形にして見せるんですよー。」

まあや「え・・・20ページの会社案内を20冊もですか!?」

Sさん「そうなんですよー。チェックする役員さんの数だけ欲しいって言われてて・・・」

まあや「マジっすか・・・」

Sさん「マジっす・・・」

 
そんな感じで、入社初日から仕事がたっぷり用意されていて、製本が終わった頃には23時を過ぎていました。

Sさん「まあ、普通の日はこんな感じで、23時くらいまで仕事して帰るって感じですねー。忙しい時期は終電とか徹夜になりますけど。」

(定時が23時なんだ・・・)

 
その日は23時半ごろタイムカードを押して帰ったんですが、お風呂入ったり寝る支度したりするだけで、布団に入る頃にはもう夜中の2時。

「7時起きだから、睡眠時間5時間かあ・・・起きれるかなあ・・・」

不安に思った私は、目覚まし時計と携帯の2つのアラームをセットして、一瞬で眠りに落ちました。

 

月のサービス残業120時間以上。次々に辞めていく同僚たち。

デザイン会社での仕事は、田舎にいた頃にやっていた仕事とは比べ物にならないくらいレベルが高くて、やればやるほどどんどんスキルが向上していきました。

「やっと自分の求めていた仕事ができるようになって嬉しい〜」

と、最初は思っていました。

でも、数ヶ月経つと、やりがいを感じる反面、だんだんと疲れを感じるようになってきました。

 
忙しくない日でも23時以降までは残業するので、単純計算で1日5.5時間×22日とすると、月の残業時間は最低でも120時間。

実際は忙しい日もたびたび入ってくるので、平均して月150時間前後は残業していたと思います。

しかも、それで残業代が入ってくるならまだしも、全部サービスなので、精神的疲労も大きい。

 
そんな毎日が続く中、1人、1人と辞めていき・・・私が入社して1年経った頃には、同期で入社した他の3人はみんないなくなっていました。

さらに、1年ほど経った頃、Sさんも社長と折り合いが合わずに退職。

 
辞めていく同僚たちを見送るたびに、寂しさを感じながらも、

「夢だったグラフィックデザイナーになれたんだし・・・私は頑張ろう。」

と、気を引き締め直していました。

 

チーム転属。想像を絶する激務の日々。

入社して2年ほど経った頃、社長が私をTさんチームに転属させたいと言い出しました。

 
社長「ちょっと、仕事を新規開拓したいんだよね。Tくんの方で新しい仕事取ってこれないかな?」

Tさん「そうっすねー。まあやさん仕事早いし、代理店の営業さんに気に入ってもらえれば仕事くれるかもしれないっすねー。」

社長「よし、じゃあ代理店に挨拶に連れて行ってくれ。」

 
と、最初はお試しという感じでTさんが取引している代理店からのお仕事をもらったのですが、営業さんに気に入られてしまったらしく(?)、私は正式にTさんチームに転属となりました。

 
Tさんチームは不動産広告専門だったのですが、私がやることになったのは、デザイナーズマンションの広告。

正直、社長の仕事は堅いデザインの案件が多く、どちらかというと男性の方が向いてそうだと感じていたのですが、

デザイナーズマンションの広告はオシャレで上品なデザインなので、私にはそちらの方が合っていました。

 
営業さんたちは、そろいもそろって口が悪く、かなりスパルタで・・・時には泣きべそかきながら仕事したりもしていたのですが、

おかげで、仕事のスピードやスキルがめきめきと上がっていきました。

(あ、みんな口は悪いけど、根はいい人ですよ笑)

 
 
オシャレなデザインができるのも、それが形になるのも嬉しかったし、やりがいは本当に大きかった。

ただ、Tさんチームの仕事は想像以上に激務で・・・

とにかく、徹夜と休日出勤がハンパなく多い。

 
一番ひどい時は、4日連続徹夜で・・・その時は、始発でお風呂だけ入りに帰って、またすぐに出社してました。

始発は4時半なので電車はガラガラだったんですが、座ったら絶対寝てしまって終点まで行ってしまうと思ったので、眠くて辛かったけど立って乗ってました。

 
友達としていた約束も、休日出勤でキャンセルしてしまうこともあったり。

休日出勤でなくても、徹夜続きで金曜日にやっと帰れて、目が覚めたら土曜日の夕方なんてこともあったり。

休日すらも自分の時間を満足に過ごせない。

 
夢だった仕事に就くことができて、やりがいは大きいけど、

激務すぎて、休む時間がない。

 
そんな葛藤をずっと抱えながら仕事をしていました。

 

大切な人の死。つのる将来への不安。

そんな、働き方への疑問を持ち始めていたころ、その疑問をより一層強める出来事が起こりました。

 
外注先の印刷会社の営業さんで、社長の長年の友達でもあるKさんという方がいました。

いつも仕事であちこち走り回っていて、印刷のことならなんでも相談に乗ってくれて、みんなから頼りにされていたKさん。

人柄も本当に良くて、うちの会社の人たちはみんなKさんのことが大好きでした。

 
そんなKさんも、もう60歳を過ぎてるし・・・ということで引退することになりました。
(定年後もしばらく再雇用で働いていたようです)

Kさんと仕事できなくなるのは寂しかったですが、

「Kさん、働き詰めだったから、これからは奥さんと2人の時間をゆっくり過ごしてほしいな」

という気持ちの方が大きかったです。

 
ところが、Kさんが引退して1年くらい経ったある日、社長が「Kさんのお見舞いに行ってくる」と言い出しました。

Kさんが病気で入院したらしいのです。

心配ではありましたが、Kさんは活発な人だったし、きっと病気になんか負けないと信じていました。

 
でも、日を追うごとに、社長の表情が暗くなっていくのを見て、Kさんの容体が思わしくないことを悟りました。

 
そしてとうとう・・・Kさんは帰らぬ人となりました。

 
ずっと会社のために身を粉にして働いてきて、やっとこれから第2の人生を送ろうとしていたKさん。

あんなに良い人が、なぜこんなに早く死ななければならないのか・・・

 
私は大きな悲しみと、やり場のない怒りを感じました。

 
 
それと同時に、将来への不安も大きく押し寄せてきました。

 
若くて元気な時に、仕事に忙殺されて自分の時間も持てず、

やっと自分の時間ができる頃には、元気でいられる保証もない。

しかも、働いた時間に見合った給料ももらえず、年金をもらえる保証もない。

 
「いくらやりがいのある仕事とはいえ、今の働き方のままで私は後悔しない人生を送ることができるのか・・・?」

と、Kさんの死をきっかけに自問するようになりました。

 

身体からのSOS。

入社して3年半ほどたったころ、私は今の夫と結婚しました。

 
結婚してからも、私は変わらず激務の日々で。

その頃の私は、身体のあちこちに不調をきたしていました。

 
長時間のPC使用でドライアイになり、コンタクトレンズで目に傷ができたり。
(傷ができるたびに、眼科の治療用目薬で治してました)

原因不明の耳だれが出たり。
(定期的に耳鼻科に通ってクリーニングしてもらってました)

PCのショートカットキーの使いすぎで、左の親指が腱鞘炎になったり。
(なるたびに、整形外科の湿布薬を塗って治してました)

風邪を引いた後に咳喘息になったり。
(ただでさえ睡眠時間少ないのに、咳で眠れませんでした)

 
中でも衝撃だった異変は、唇のまわりのかぶれでした。

そのかぶれが出た頃、私は新しく買ったグロスを付けていたので、それが肌に合わなかったんだろうと思って、薬をもらいに皮膚科へ行きました。

 
まあや「今朝から唇のまわりが痒くて・・・たぶん化粧品が合わなかったんだと思うんですけど。」

先生「ちょっと舌見せて。あー、舌が真っ白。ストレスで胃が荒れてるね。」

まあや「は?ストレス?? 胃なんて一度も痛くなったことないですよ?」

先生「痛くならないから、唇のまわりにじんましんが出てんの!身体がSOS出してんの!

まあや「ええー!?」

先生「あなた、寝てないでしょ。」

まあや「えっ、確かに仕事が激務で睡眠時間少ないですけど・・・なんでわかったんですか?」

先生「睡眠にはストレス解消効果があるからね。これだけ胃が荒れてるってことは、睡眠が足りてないってことだろうなと。」

まあや「睡眠にそんな効果があったなんて・・・知らなかったです・・・」

先生「塗り薬と胃薬は出すけど、あくまで対症療法だからね。睡眠取ってストレス減らさないと治らないからね。ちゃんと寝てね!」

まあや「ど、努力します・・・」

 
 
「好きな仕事だったら頑張れる」って、頭で言い聞かせてたけど、心と身体はボロボロだった。

当時の平日の睡眠時間は、4時間以下だったと思う。

いくら休日に寝だめしても、焼け石に水だった。

 
そんな状況で働き続けていた中、今でも忘れられない事件が起こった。

 

仕事を続けることに限界を感じた、カッター事件。

その日は、一人で会社に残って、徹夜で仕事をしていた。

ウトウトしながら、お客さんに朝イチで提出するデザイン案をプリントし終わり、時計を見たら午前9時過ぎ。

もうすぐみんなが出勤してくる時間だった。

あとはプリントのまわりを切り落とすだけだったので、後輩が出勤してきたらやってもらおうかなと思ったけど、

「まあ、2枚だけだし、自分でやるか。」

と思い直して、定規とカッターを持ってきて切り始めた。

ウトウトしながら、勢い良くカッターを引いた瞬間。

 
グサッ!!

 
「え・・・?」

 
一瞬、何が起きたかわからなかった。

 
広がる赤い血。

 
その元を見ると、左の親指がパックリ割れていた。

 
今まで何千回とカッターを使ってきたけど、「カッターの進行方向に指を置いてはいけない」ということは、常に意識していた。

でもその時は、一睡もしていないフラフラな状態で、そんな当たり前のことを考える注意力さえ残っていなかった。

怪我したことよりも、そっちの方がまずショックだった。

 
「そうだ、止血しなきゃ。」

 
状況が飲み込めたら、急に痛みが強くなってきた。

ティッシュで親指をぐるぐる巻きにしていたところに、後輩が出勤してきた。

 
後輩「ぎゃー!まあやさん!どうしたんですか!?」

まあや「ちょっとカッターで指をグサッとやっちゃって・・・。病院行きたいんだけど、これプリントし直してまわり切って届けてもらえるかな?」

後輩「わかりました!早く病院行ってくださいー!!!」

 
幸い、会社のすぐ近所に大きな大学病院があったので、後輩に後を託した私は急いでかけこんだ。

待ち時間が長くて痛みに耐えられなくなってきたので、怪我の状況を説明したら、緊急性が高いと判断してもらえたようで、順番を早めてもらえた。

さすが大学病院だけあって、その場ですぐに麻酔して縫ってもらえた。

やっとホッとできた。

「仕事中の怪我なので、労災下りると思いますよ。会社に戻ったら聞いてみてくださいね。」

とお医者さんが言ってくれたおかげで、労災を申請することもできた。
(紹介状ナシで8000円もかかったのでありがたかった)

 
そんなことがあった日でも、鎮痛剤を飲みながら、いつも通り終電近くまで残業をして帰った。

 
満員電車でつり革につかまりながら、怪我した時のことを思い起こした。

今回怪我したのは、寝ずに仕事をした状態で注意力が欠けていたのが原因だった。

まだ指だったから、縫ってもらうだけで済んだ。

でも、同じ状態の時に、不注意で階段から落ちたり、車にはねられたりでもしたら・・・?

 
そこまで考えて、私はやっと目を背けていた結論にたどり着いた。

 
 
「会社辞めよう。」

 
 
こうして私は、4年8ヶ月勤めたデザイン会社を辞めました。

 

自分に合った働き方で生きていこうと決めた。

この会社に入ってデザインの仕事ができたこと自体は、本当に良かったと思っています。

自分がずっとやりたかった仕事ができたし、スキルアップもできた。

 
でも、実際やってみてわかったのは、

「夢だけでは仕事は続けられない」

ということ。

 
デザインという仕事をする限り、厳しい「締切」から逃れることができません。

締切は絶対なので、睡眠時間を削ってでも間に合わせなくてはいけません。

でも、私には、それに耐えきれる心と体が足りなかった。

だから私は、会社を辞めるという道を選びました。

 
 
夢を目指すことは素晴らしいことだと思うし、私も目指して良かったと思っています。

でも、やってみて無理だと思ったら、いつでも辞めていいと思う。

それで、「根性がない」とか「やる気がない」とか言ってくる人は、「本気でチャレンジして挫折した」という経験のない人なので、無視すればいい。

経験のある人は絶対バカにしないし、私はむしろ、辞める勇気を持てることはすごいことだと思っています。

 
 
その後、私は自分に合った働き方を模索し、インターネットビジネスという働き方にたどり着きました。

マーケティングやシステム化といった、今までまったく知らなかった知識を学ぶのもすごく楽しいし、

なんといっても、「締切」というものがないので、家事育児のスキマ時間に作業できるというのが、私にとって一番の魅力です。

徹夜をする必要もないし、自宅のパソコンで作業できるので、出社時間を気にする必要もありません。

今は普通に6〜7時間の睡眠時間をとれているので、すっかり健康な生活を送っています。

 
いろいろ悩んで試行錯誤してきましたが、

「自分のペースで楽しみながら仕事をする」

ということが、私の求めていた働き方だったんだなと気づくことができました。

その働き方を実現できる「インターネット」がある時代に生きることができているのは、すごくラッキーなことだ思います。

これからの時代はどんな業種でもインターネットの活用が必要不可欠になってくると思うので、楽しみながらスキルを磨いていきたいなと思います。


マーケティングとシステム化を学べるメルマガを無料配信中


私は、4つの会社を経営する起業家の師匠からマーケティングとシステム化を学び、その知識をインターネットに活用してビジネスをしています。


→まあやがブラック会社を辞めてインターネットで起業するまでの物語とブログの理念はこちら。


ブログに書けない話は、無料メルマガで配信中。

「マーケティング」「システム化」「ブラックな働き方からの脱却」などについて、ブログよりもさらに深い情報を発信しています。

→メルマガはこちらから登録できます。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です